幹細胞移植で脳梗塞患者の神経機能を回復:先端医療センター

脳の血管に血栓が詰まり、そこから先に栄養や酸素が行き届かなくなった結果、脳細胞が壊死する脳梗塞。言語障害、視野障害、体の麻痺など、発生部位によって様々な症状が現われるこの病気で亡くなる方は年間約7万人とされおり、高齢社会で高血圧や糖尿病、動脈硬化等の危険因子を抱えた人が年々増加しているため、死亡者数は今後も増加すると考えられています。

そんななか、兵庫県神戸市の先端医療センター病院では、脳梗塞の発症直後の重症患者を対象に、患者本人の骨髄から採取した幹細胞を注射し、患部周辺の血管を再生して障害を受けた神経機能を回復させる臨床研究をスタートさせました。

研究チームは、脳梗塞の発症直後、神経細胞のもとになる神経幹細胞が患部周辺へ集まって神経を再生しようとする点に注目。動物実験では、血管の再生により神経幹細胞に栄養などが供給でき、失われた神経機能が改善されることを証明しました。

ヒトを対象とした臨床研究では、2009年に世界に先駆けて国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)で実施、現在まで8例を実施し、半年後には6例が歩行できるまでに改善したほか、脳の血流量が増加するなどの効果が見られました。

対象となるのは、心臓でできた血栓が血流で脳に運ばれて詰まったタイプの脳梗塞を発症した20〜75歳の患者となっています。また他の治療法では改善が見られないなどの条件もあり、発症後10日以内に幹細胞を移植します。同治療法を受けられるのは隣接する神戸市立医療センター中央市民病院国立循環器病研究センターの患者がメインとなりますが、他病院の患者についての相談にも応じるとしています。

脳梗塞は発症3時間以内ならば、血栓を溶かす作用のある「tPA」が特効薬となりますが、重篤な脳内出血のリスクもあることから専門医を揃えた医療機関でないと対応が難しかったり、発症から時間が経過して神経障害が起きた後の治療法は確立されていないなどの問題がありました。

同センターの田口明彦再生医療研究部長は「効率よく幹細胞の分離できる機器や、幹細胞と同様の作用を持つ新薬の開発も進め、脳梗塞による寝たきりの患者さんを減らしたいと」と語っておられます。

抗がん剤の体内での動きを画像化、効果を確認しながら治療

通常の薬は投与されてから成分が全身に拡散するため効率が悪く、効き目の強い薬の場合はその分、副作用のリスクも高くなってしまいます。一般的なイメージと異なり、直接患部に薬を到達させることが可能なのは、皮膚病で薬をその場所に塗ったり、貼ったりするときだけなのです。

そこで近年は、がんなどの病気を対象に、治療が必要な患部だけに薬を運ぶ「ドラッグデリバリー」という手法の研究が進んでいます。しかし、薬物が実際に体内でどのように分布し、どの程度の量が患部に届いているかを確認することが困難という問題がありました。

そんななか、東京大学滋賀医科大学などの研究チームは、投与した抗がん剤の体内での動きを画像化し、がん細胞にだけ集積させる新しい手法の開発に成功しました。これにより、抗がん剤の副作用を正確に予測し、リアルタイムで治療の効果を確認しながら化学療法が行えるしています。研究成果はアメリカの医学誌「キャンサー・リサーチ」に掲載される予定です。

今回、研究チームは増殖中のがん細胞の周りには、微小な穴があいた血管が多く存在していることに注目し、その穴からだけ漏れ出すように、抗がん剤とMRIの造影剤を封入した高分子の微粒子を作りました。人間のがん細胞をマウスの内臓に移植してこの微粒子を投与したところ、腫瘍の部分のみに微粒子が集まっていることが確認されました。

症状が現われない微小な脳梗塞も早期に発見できる東京都の脳ドック、CTやMRI検査を受けられる病院を掲載しています。高血圧や糖尿病など危険因子がある40歳代の方にお勧めします。

【子宮頸がん】子供の予防接種を公費で:日本医師会が署名活動

子宮頸がんや細菌性髄膜炎、肺炎球菌など、重症化すると生命に危険を及ぼしたり、重い障害が残る恐れのある病気を予防するため、公費で受けられる子供の予防接種の種類を増やそうという署名活動が、日本医師会日本ワクチン学会などの関連学会でつくる協議会が全国でスタートしました。

子供の予防接種は、結核やはしかをはじめとする8つの病気に対するワクチン(5種類)は公費での接種が受けられますが、今回のキャンペーンはこれらに加えて、子宮頸がん、B型肝炎、おたふくかぜなど6種類のワクチンを新たに追加しようというものが目的です。

なかでも注目されているのが、子宮頸がんの予防ワクチンとして2009年に日本で承認された「サーバリックス」です。子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)感染から長期にわたり体を守ることを可能にしたワクチンですが、すでに感染したHPVを排除したり、がんを治す効果はないため、性交未経験の10代前半の女子に優先的に接種することが推奨されてきました。

子宮頸がんは予防が望める唯一のがんですが、日本のワクチン政策は世界的に見ても遅れをとっており、今回の活動が実を結ぶかどうかに注目したいところです。日本医師会では10月末までに全国の医療機関や保育所などを中心に200万人分の署名を集めて、国に提出する方針です。

昆虫類から多剤耐性菌の殺菌成分を発見:英国研究グループ

帝京大学病院でアシネトバクター・バウマニによる死亡者が明らかになったのをはじめ、国内ではほとんどの抗生物質が効かない多剤耐性菌の感染が広がりを見せています。

MRSA

そんななか、イギリスのノッティンガム大学の研究チームは、昆虫に耐性菌を殺菌する9種類の分子が存在しているを発見しました。今回の研究成果は、9月6日から開催される英国微生物学会で発表されます。

研究グループを率いたサイモンー・リー博士によると、人間に比べてはるかに非衛生的な環境に生息している昆虫は様々なバクテリアと日常的に接触しているため、それらから身を守るために自ら抗生物質を分泌することは自然とのことです。

ゴキブリやバッタを使った研究では、大腸菌やメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の90%以上が死滅したといいます。ただし、研究はまだ初期段階のため、院内感染を引き起こし世界的に問題となっているアシネトバクター菌やシュードモナス菌などの細菌などに対する殺菌効果はこれから検証することになります。

2型糖尿病の発症リスクを高める新遺伝子変異を発見

運動不足や偏った食生活、遺伝などが原因となる2型糖尿病の発症リスクが最大で1.3倍になる遺伝子変異を東京大学と理化学研究所などの国際研究チームが発見しました。患者と健康な人のゲノム比較解析を行って発見された今回の研究成果は、米科学誌Nature Genetics(電子版)に発表されました。

血糖値を下げるインスリンの分泌に関与する「UVE2E2」遺伝子が、塩基配列の1カ所が異なっている(SNP)場合、働きが低下して発症リスクが高まります。日本人の2型糖尿病患者の約15%が該当するといい、欧米人に比べ、それほど肥満でなくても2型糖尿病を発症することが多い理由の一つとして考えられます。

研究チームの東大医学部の門脇孝教授によると、インスリンの効き目が低下して発症することが多い欧米人と異なり、日本人はもともと少ないインスリンの分泌量がさらに減って発症するケースが多いそうです。この遺伝子変異と肥満や年齢などの要因が組み合わさると、普通の人に比べて糖尿病に6倍かかりやすい人もでてくるとのこと。

今回の比較解析では、東アジアと欧米の患者に共通する別の関連遺伝子も見つかり、日本人患者では過去の発見分を含め、計13個の遺伝子が関与していることが分かりました。今回の成果は糖尿病の予防や新薬の開発につながるものとして期待されています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。