パーキンソン病の発症リスクを高める遺伝子を発見

筋肉が硬直したり、手足が震えたりするパーキンソン病の発症リスクを高める遺伝子を、東京大や米国立衛生研究所(NIH)などの研究チームが発見した。この遺伝子に変異がある人は変異のない人に比べて病気を発症する確率が約6倍高い。新しい治療法の開発につながるという。 成果は22日発行の米科学誌「ニューイングランドジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)」に発表した。

欧米・アジアの16施設で約1万人を対象に遺伝子を解析したところ、パーキンソン病患者の7%で「GBA」と呼ぶ遺伝子に変異が見つかった。病気のない人での変異は1%しかなかった。変異した遺伝子を持つ患者ほど発症した年齢が若かったという。(NIKKEI NET)

パーキンソン病
筋肉の緊張や運動などを調整している神経系統の錐体外路(すいたいがいろ)系がおかされる病気です。発病は40〜50代に多く、手足や顔面の筋が突っ張り、堅くなったり、手足が震えたりと、動作が遅くなるのが特徴です。

病状が進行するにつれ、顔の表情がなくなり、四肢が堅くなり、首は少し下に下がり、ひざとひじを軽く曲げた状態になってきます。L-ドーパという有効な薬が効果をあげていますが、このほかアマンタジンやアトロピン系の合剤パーロデル・ドプスが作られ効果をあげています。症状を取る薬で、根本的な治療薬ではありませんが、筋強剛と無動症の7割は消失します。

日経メディカルなら、海外医学誌のBMJJAMALancet 日本語版を読むことができます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。