子宮頸がん予防ワクチン「サーバリックス」に強力な予防効果

英グラクソ・スミスクライン社の子宮頸がん予防ワクチン「サーバリックス」(Cervarix)が、ヒトパピローマウイルス(HPV)のタイプ16と18によりおこる前がん病変に対して5年半までの間100%の予防効果を示したとという追跡試験の結果が発表された。
この長期試験の結果は米国癌学会(AACR)において発表されたもので、現時点で子宮頸がん予防ワクチンの中で最も長期にわたる予防効果を示したことになる。

追跡試験は、米国、カナダ、ブラジルの28施設で15歳から25歳の女性1、113人が参加した。サーバリックス群と偽薬群に無作為に割り付けて、0カ月目、1カ月目、6カ月目の3回接種した。追跡期間は67カ月。
同じ被験者群の776人で評価項目(HPV16タイプ HPV18タイプ 他のタイプのHPVの感染予防、細胞診の異常、子宮頸部病変予防に対する効果、安全性、副作用)を調べた。

子宮頸部細胞診を毎年実施し、プロトコル・ガイドラインに基づきコルポスコピー(腟鏡診)をして長期的な免疫原生及び安全性を評価した。

試験結果によると、このワクチンを接種したほぼ100%の女性がHPV16と18のタイプに対して強い免疫応答を示し、5年半以上の間持続することが明らかにされた。
5年半の時点での抗体のレベルは、通常のHPV自然感染時の抗体レベルの11倍に達した。

グラクソ・スミスクライン社は「子宮頸がん予防ワクチンで、AS04と呼ばれる独自のアジュバント(免疫増強剤)が免疫応答を増強し、長期間予防効果を持続することに貢献していることをこの試験結果は裏付けている」としている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。