「授乳・離乳の支援ガイド」を作成:厚生労働省

母乳による育児を進めようと、厚生労働省は、産婦人科医や保健師向けに、母親を指導してもらうためのガイドを初めて作成した。
母乳の与え方に戸惑う母親が多い一方、医師や保健師らの教え方もまちまちなのが現状。同省は市町村を通じてガイドを配布し、医師ら指導する側と母親双方の理解を深めたい考えだ。

「授乳・離乳の支援ガイド」と題したガイドでは、〈1〉出産後なるべく早く授乳し、母乳の出を良くする〈2〉母子を終日、同室にしてスキンシップを図る〈3〉新生児がほしがる時にいつでも飲ませられるようにする――などの要点をまとめた。

母乳は子供の免疫力を高め、乳首を吸うことであごの発達や歯並びの良さにつながるなどの利点があるとされる。肥満予防や、母親の愛情が増して虐待防止につながるとの研究もある。

母乳のみで育てる完全母乳率は1960年に1か月児の7割を超えていたが、粉ミルクの普及で、約20年前からは4割台に低迷。
しかし、世界保健機関(WHO)が89年に出した母乳育児を進めるための指針に従って、母親を指導する全国43の病院・医院では、1か月児の完全母乳率は70〜95%の高い率になっている。今回のガイドもこの指針を参考に作った。

医療関係者らで作る「日本母乳の会」の永山美千子運営委員は「母乳で育てられないと悩む母親は多い。原因の大半は医師らの認識不足や支援体制の不備にある。きちんと指導を受ければ、母乳で育てる母親は増えるはずだ」と話す。(読売新聞)

知っていましたか?母乳のメリット
栄養成分が豊富であるばかりでなく、初乳に含まれている抗体は、細菌やウイルスが腸粘膜に侵入するのを抑制し、母乳の中の免疫物質がえい児の疾病に抵抗するのを防ぎます。

母乳を飲むことで消化呼吸が良くなり、胃と腸に優しくアレルギー疾病を防ぎ、また母子間の愛情をはぐくむのを促します。母乳はえい児の栄養の基本であり、必要な栄養は全て母乳に入っています。

近年の医学研究によれば、母乳に代わって粉ミルクをえい児に与えた結果 、えい児は胃腸系感染により入院する危険性が10倍に増加し、呼吸器系感染で入院する危険性も6倍に増加、子供が児童期にリンパ癌になる確率は8倍に増加しています。
また、児童期の糖尿病の危険性及び、成年期の胃腸系疾病の危険性も増加しています。母乳を与えることは、母親の健康に対しても大きな影響があり、母乳を与えたことのない女性は閉経前に乳ガンや卵巣癌の確率が増加しています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。