40〜50歳の男性ホルモン量、60歳代より低下

一般に年齢とともに低下するとされる男性ホルモンの量について、日本人サラリーマンを調べたところ、働き盛りの40〜50歳代の中年層で最も低下しているとの意外な結果が出た。

男性ホルモンはストレスの影響を受けやすいと言われており、調査した帝京大学医学部附属病院ホームページ泌尿器科の安田弥子講師は、「仕事でのストレスが男性の活力を失わせているのではないか」と話す。国際メンズヘルス学会誌に近く掲載される。

20〜30歳代、40〜50歳代、60歳代以上の3世代に分けた健康な男性81人を対象に、活性型男性ホルモンの指標になる唾液(だえき)中のテストステロンの量を測定。一日のうちでも変動が大きいことから、2時間おきに唾液を採取してもらい変化を調べた。

最も高いのは20〜30歳代だったが、次いで高いはずの40〜50歳代の中年層は、半数以上が退職者の60歳代よりもむしろ低かった。男性ホルモンが年齢とともに低下することは、国内外の調査で確認されており、その“常識”を覆す結果だった。

テストステロンが低下すると、性欲や性機能の減退のほか、不安や不眠、認知能力の低下といった精神症状や、肩こりや腰痛といった身体症状として表れることが多い。(読売新聞)

テストステロンとは?
主に睾丸から分泌される男性ホルモン。テストステロンは副腎皮質が卵巣でもつくられており、女性にもわずかに存在する。第2次性徴の発現、生殖機能維持、蛋白同化作用促進などの役割を果たす。第2次性徴の不全や男性機能低下などを調べるときに測定する。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。