腸炎細菌「クロストリジウム・ディフィシル」を国内で検出

北米地域で集団感染が相次いでいる死亡率の高い強毒型の腸炎細菌を、国立感染症研究所が国内の患者2人から検出していたことがわかった。

厚生労働省は、国内の医療機関での流行を防ぐため、各医療機関に院内感染防止の徹底を指示、今後、国立感染症研究所を通じて、国内の発生状況の予備調査を行う方針だ。

この細菌はクロストリジウム・ディフィシル。これまで、国内では下痢や大腸炎を引き起こす細菌として知られているが、高齢者や全身状態が悪い場合を除き、死亡することはまれだった。
ところが、カナダなどで2003年ごろから、毒素をたくさん作る強毒型が流行するようになり、ケベック州の12病院では、1703人のうち、約7%にあたる117人が死亡した。
この死亡率は、病原性大腸菌O(オー)157に感染した患者が重い合併症を起こした際の死亡率1〜5%よりも高い。(Yahoo!ニュース)

クロストリジウム・ディフィシルとは?
は大腸に常在している菌(常在菌)の一種で、通常は毒素を産生しません。この菌は多く種類の抗生物質が効かない菌であるため、抗生物質の投与によって他の菌が死滅するとこの菌だけが生き残り異常増殖をし、毒素を産生するようになります。
この産生する毒素(エンテロトキシン、サイトトキシン)が腸管粘膜に障害を起こし、軽症では軟便、重症では激しい下痢、腹痛、高熱を伴う、円形に隆起した偽膜ができる偽膜性大腸炎を発症します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。