父から娘へ肝腎同時移植:国立成育医療センター

国立成育医療センター(東京都)は19日、先天性の重い腎臓病と肝臓病を持つ4歳の女児に、30代の父親から、肝臓の一部と、右の腎臓を同時に移植したと発表した。1人の生体ドナー(臓器提供者)からの肝腎同時移植は国内で初めてで、世界でも4例目。女児、父親とも経過は良好だという。

松井陽・同センター病院長によると、女児は出生直後に、腎臓と肝臓の異常を指摘された。
生後7カ月で左の腎臓、9カ月で右の腎臓を摘出し、人工透析を受けてきた。肝臓の働きが悪いのが原因で、重い細菌感染である敗血症も繰り返した。

家族は肝臓と腎臓の移植を望んだが、医学的に臓器を提供できる家族は父親しかいなかった。このため、院内の倫理委員会と移植適応評価委員会で、父親だけからの移植を検討し承認。18日午前9時過ぎから約15時間かけて手術をした。移植された肝臓、腎臓は順調に働いているという。

父親は女児と血液型が異なり、こうした場合の肝腎同時移植は世界でも初めてという。
松井院長は「女児の容態などから同時移植が必要だった。父親の負担は大きいが、健康状態からみて耐えられると判断した」と話している。(毎日新聞)

敗血症とは?
敗血症とは、肺炎や腎盂腎炎など生体のある部分に感染を起こしている場所から血液中に病原体が流れ込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。
背景として悪性疾患、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病などがある場合、あるいは未熟児、高齢者、手術後といった状態の場合が多いとされています。
抗がん薬投与や放射線治療を受けて白血球数が低下している人、副腎皮質ホルモン薬や免疫抑制薬を投与されて感染に対する防御能が低下している人も敗血症を起こしやすいので注意が必要です。

血液中に病原体が流れ込む原因としては、腎盂腎炎に代表される尿路感染症、肺炎、肺膿瘍などの呼吸器感染症のほか、胆嚢炎・胆管炎、腹膜炎、褥瘡感染などがあります。
また、血管内カテーテルを留置している場所の汚染から体内に病原微生物が侵入する、カテーテル関連敗血症も近年増加しています。現在のように抗菌薬が発展する前までは致命的な病態でした。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。