腫瘍マーカー「MESACUP anti-p53テスト」が新発売

医学生物学研究所(MBL)は、血清中の腫瘍マーカーであるp53抗体を測定する「MESACUP anti-p53テスト」が、先ごろ厚生労働省から製造承認を取得したと発表した。
従来有用な腫瘍マーカーがなかった早期食道がんなどでも高い陽性率を示し、大腸がん、乳がんでの早期診断も可能。新規腫瘍マーカーとしては8年ぶりの承認。
MBLは、7月発売、年内の保険適用、3年後5億円の売上高を予定している。

p53はがん抑制遺伝子の1つ。正常なp53遺伝子のたん白質は、損傷された遺伝子の修復、細胞周期進行の制御、アポトーシス誘導能を持つ。この遺伝子が変異しp53の活性が欠損すると、遺伝子が損傷されている細胞ががん化するといわれる。(化学工業日報)

腫瘍マーカーとは?
体のどこかに腫瘍ができると、血液中や排泄物中に、たんぱく質や酵素、ホルモンなどの特別な物質が増えてきます。それが腫瘍マーカーです。
腫瘍の種類や発症部位に特有の物質と、そうでないものがあります。それを検出するのが腫瘍マーカー検査で、腫瘍の発生やその種類、進行度などを判断する手がかりになります。

ただ、腫瘍マーカーの数値が高いからといって、腫瘍が確実に存在することを示すものではありません。また、それだけで腫瘍が良性か悪性(がん)かの判断はできませんし、どの臓器にがんができたかを特定することはできません。

さらに、がんの場合は、初期には、腫瘍マーカー値は異常を示しません。これは、人によってそれらの物質の存在の有無やレベルが異なるうえ、仮に腫瘍ができていたとしても、腫瘍マーカーの出現や発生量が一様であるとはいえないからです。
そのため、腫瘍マーカー検査は、各種検査の補助手段として利用されたり、悪性腫瘍の治療効果の測定に用いられるのが一般的です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。