国内初、体外受精で生まれた女性が出産

国内3例目の体外受精児として1984年に生まれた女性(23)が、2003年に自然妊娠で男児を出産していたことが27日、明らかになった。体外受精児による出産は国内初とみられる。男児は健康に育っているという。
体外受精はすでに、国内では一般的な不妊治療として普及しており、国内初の体外受精を成功させた鈴木雅洲(まさくに)・スズキ記念病院長(東北大名誉教授)は、「体外受精児が、自然妊娠で生まれた子どもたちと同じように出産したことは、体外受精で子供をもうけた大勢の夫婦に大きな安心感を与えるだろう」と話している。

この女性は、卵管閉塞による不妊症だった母親が、東北大で体外受精を受け、84年2月に生まれた。03年8月に、仙台市内の産婦人科医院で体重2726グラムの男児を出産した。

体外受精による妊娠は、鈴木院長ら同大のグループが国内で初めて成功し、1例目の女児が83年10月に誕生した。ただし、女児は2歳の時に肺炎で死亡。2例目の女児はまだ出産していないという。

海外では、世界初の体外受精児として生まれた英国のルイーズ・ブラウンさん(28)が06年12月に自然妊娠で男児を出産。体外受精で生まれたルイーズさんの妹も99年に出産している。

国内での体外受精の実施件数は、年々増加している。04年に誕生した体外受精児は約1万8000人で、年間出生数の約1・6%を占める。

体外受精とは
卵巣から取り出した卵子と、精子を体外で受精させる生殖医療の手法。卵管の機能上の問題や精子の運動性の問題がある時などに使われる。
微細な管で卵子に精子を注入する顕微授精は体外受精の一種。国内で体外受精によって生まれた子供は10万人を超え、生殖医療の現場では一般的な技術になっている。(YOMIURI ONLINE)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。