バイエル薬品:勃起不全治療薬「レビトラ20mg」を輸入販売へ

厚生労働省は24日、バイエル薬品(大阪市)が申請していた勃起不全(ED)治療薬「レビトラ20?r」(一般名塩酸バルデナフィル水和物)の輸入販売を承認した。
海外の経口ED治療薬は有効成分20?r以上の高用量剤が主流だが、国内で承認された高用量剤は初めて。

勃起の発現、維持には「サイクリックGMP」と呼ばれる生体内伝達物質が必要だが、陰茎組織から分泌されるPDE5と呼ばれる酵素は、サイクリックGMPを分解してしまう。
レビトラは、このPDE5の働きを阻害することでサイクリックGMPの分解を抑制、勃起を延長させる。

国内では、これまで5?r剤と10?r剤が承認、販売されていたが、生活習慣病や脊髄(せきずい)損傷、骨盤内手術後の患者など勃起不全が重くなりやすい人は、十分な勃起効果が得られなかった。
こうした日本人の難治性ED患者約800人を対象にした第?V相臨床試験でレビトラ20?rの有効性と安全性が確認されたという。

レビトラは通常、1日1回、10?rを性行為の約1時間前に服用する。20?rは、10?rでは効果が不十分で認容性が良好とされた器質性または混合型勃起不全患者。半面、65歳以上の高齢者や中程度の肝障害患者は5?rから服用を始め、最高用量は10?rとする。(くまにち)

レビトラについて
レビトラは極めて有効なホスホジエステラーゼタイプ5(PDE−5)阻害剤です。PDE−5は主に陰茎組織に見られる酵素で、勃起の発現・維持に大事な生体内伝達物質サイクリックGMP(cGMP)を分解します。

レビトラは、このPDE−5を阻害することでcGMPの分解を抑え、勃起反応を強化・延長させます。
レビトラは、PDE−5に対する優れた選択性と強い阻害活性をもち、国内外のさまざまな臨床試験で幅広いED患者層に対して優れた有効性および安全性が確認されています。

レビトラは、勃起不全を改善するため、性行為を開始する前に服用する医療用医薬品で医師の処方箋が必要です。心筋梗塞や狭心症の治療のためによく使われる硝酸剤を服用中の患者などには禁忌です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。