大人も百日ぜきに注意:気管支疾患が続く2割の患者で疑い

原因不明のせきが長く続く大人の約2割に百日ぜきの疑いがあることが、国立病院機構福岡病院の野上裕子部長らの調査でわかった。
香川大学で先月、100人以上が百日ぜきに集団感染して休講となったが、大人の間で予想以上に百日ぜきが広がっていることが明らかになった。横浜市で開かれている日本アレルギー学会で11日報告された。

研究グループは、2000年以降に同病院を受診した大人の患者で、1か月以上せきが続き、結核や気管支ぜんそくなどの病気が見つからない144人について血液を調べ、百日ぜきの免疫の有無などを調べた。
その結果、29人(20・1%)に、百日ぜきの毒素や菌に対する免疫が強く表れ、百日ぜきに最近感染した疑いが強いことがわかった。(YOMIURI ONLINE)

百日ぜきは、子供の病気で、他の伝染病と違って母親から免疫体を受け継ぐことが少なく、生後すぐにでもかかることが特徴といえます。このため、法律で予防接種をするように決められています。
潜伏期が過ぎると普通のかぜの場合と同じような、せきが出始めて、これが、だんだんひどくなり、そのうち発作性、けいれん性の、せきをするようになります。コンコンと短い、爆発するような激しい、せきが連続して起こり大変苦しみます。
このころになると、痰を出すようになり、また発作のときに嘔吐が起こります。
そして、このような状態が過ぎると、咳は回数も減り、また強さも弱まり、しだいに治っていきます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。