コレステロールが脳の伝達機能を高める:実験で確認

血液中や肝臓で増えると厄介者扱いされるコレステロールが、脳の機能増進には欠かせないことを、産業技術総合研究所関西センターの小島正己・主任研究員や科学技術振興機構の鈴木辰吾研究員らのグループがネズミ(ラット)を使った実験で明らかにした。
小島さんは「アルツハイマー病の脳内では、コレステロールの合成異常がみられるという研究もあり、治療薬の開発に役立てたい」と話す。
13日付の米科学誌ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス電子版に掲載された。

神経細胞とコレステロールの関係を探るため、ネズミの大脳皮質の神経細胞を培養し、BDNFという脳の機能増進を促すたんぱく質を加えた。すると神経細胞のコレステロールの量が増えることが分かった。
また、コレステロールが増えた神経細胞を調べると、情報伝達物質を受け渡ししやすい状態になっていた。一方、コレステロールの合成を妨げる薬剤を入れると脳の情報伝達機能が抑制された。

ただし、体と脳のコレステロールは別々につくられており、血液中のコレステロール量が多ければ、脳の働きがいいというわけではないという。(asahi.com)

コレステロールとは?
コレステロールは脂質の一種であり、体内に100〜150gくらい存在し、細胞膜や生体膜の構成成分として重要な役割を果たしています。食事からのコレステロール量が増えると、体内合成量が減るように上手くバランス調整されています。

コレステロールの働き
コレステロールというと、肥満の原因、生活習慣病の危険などマイナスのイメージが先行しますが、副腎皮質ホルモンや性ホルモン、胆汁酸の原料になりますし、神経伝達をスムーズにする働きもあり、生命を維持する上で必要不可欠の成分なのです。

コレステロールは、肝臓と小腸で生産されます。血液によって必要な箇所に運ばれますが、水に溶けないため、タンパク質とリン脂質に包まれた水に溶けやすいリポタンパク質になって、血管の中を移動します。
このとき、肝臓から各組織に運ぶ役目のリポタンパク質が変化してLDLになり、余ったコレステロールを回収して肝臓に戻すのがHDLです。俗にLDLが悪玉コレステロール、HDLが善玉コレステロールと呼ばれるのはこの働きによるものです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。