受動喫煙によって認知症のリスクが増大:米大学研究グループ

自分は喫煙しなくても受動喫煙によって認知症のリスクが増大するという研究成果を、カリフォルニア大バークレイ校のタデウス・ヘイト研究主任らが米国神経学会の年次総会で発表した。
禁煙広報センター(東京都)によると、受動喫煙と認知症の関連を指摘した世界初の調査という。

ヘイト氏らは、認知症ではない65歳以上の3、602人の心臓血管の健康状況、喫煙の有無、認知症の発症状況を6年間追跡調査した。
調査開始時点で心血管疾患と認知症の双方の症状がない非喫煙者は985人だったが、このうち受動喫煙していた495人(受動喫煙歴30年未満300人、30年以上195人)と、受動喫煙していない471人を比較した。
その結果、受動喫煙率30年以上のグループは、受動喫煙していないグループよりも、認知症の発症率が約30%高かった。

さらに脳に血液を供給する頚動脈の異常も判明した。受動喫煙に長年さらされて超音波画像診断で頚動脈の異常が検出された人は、受動喫煙をせずに頚動脈の異常もない人に比べて、認知症を発症させる確率が約2.5倍あった。

ヘイト氏は「認知症を起こす影響のある他の要因を制御して分析を続けているが、受動喫煙が高齢者の認知症のリスク要因になる可能性を示唆した」としている。(くまにち)

受動喫煙とは?
タバコを吸わない人が、自分の意志とは関係なくタバコの煙を吸わされることを「受動喫煙」といいます。タバコの煙は、本人が吸っている煙(主流煙)と火のついた部分から立ち上がる(副流煙)があります。有害物質は主流煙より副流煙の方が高い濃度で含まれています。

近年の研究では、主流煙を1とすると副流煙にはタールが3.4倍、ニコチンが2.8倍、一酸化炭素が4.7倍、二酸化炭素1.3倍、アンモニアが46.0倍(!) 、窒素酸化物が3.6倍の量がそれぞれ含まれていることがわかってきました。
副流煙は、上記に示すとおり主流煙よりはるかに有害です。
タバコを吸っていないからといって安心ではありません。受動喫煙によって、タバコを吸わない人も健康被害を受けています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。