正常眼圧緑内障をマウスで再現:東京医科歯科大

日本人に多いタイプの緑内障を発症するマウスを遺伝子操作で作り出すことに、東京医科歯科大などの研究チームが成功し、21日付の米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」(電子版)に発表した。

緑内障は眼圧の上昇などにより視神経に障害が起き、次第に視野が狭くなる病気。40歳以上の日本人の約5%が発症し、中途失明原因の1位になっている。日本では、眼圧上昇を伴わない「正常眼圧緑内障」が7割を占める。

東京医科歯科大大学院の田中光一教授らの研究チームは、神経細胞間の情報伝達に使われるグルタミン酸が、過剰に存在すると神経細胞を傷つける性質に着目。
遺伝子操作により、不必要なグルタミン酸を片付ける輸送体をもたないマウスを作り、目の様子を観察した。

その結果、輸送体欠損マウスでは、眼圧が正常値にありながら、加齢に伴って視神経の細胞が減少し、正常眼圧緑内障と同じ症状が認められた。また、グルタミン酸の働きを抑える薬剤を投与すると、神経細胞の減少が抑制された。
田中教授は「このマウスを使って、グルタミン酸輸送体を活性化させる物質が見つかれば、有効な治療薬になる」と話している。(時事ドットコム)

緑内障について
緑内障は眼球の内圧により、視神経が圧迫・障害されて、視野が狭くなったり、視力が低下してくる病気です。急性と慢性があります。
多くは慢性で40歳以上の17人に1人が緑内障といわれています。徐々に視野が欠けていくために、自覚症状がなく、手遅れになるまでに気が付かない人が多いのが特徴です。
急性の場合は、頭痛や眼痛、視力の低下や吐き気などが急激に現れ、手術しないと2〜3日で失明する可能性があります。
最近は、眼圧が正常なのに視神経が傷害される正常眼圧緑内障が多いことがわかってきました。
家族に緑内障患者がいる人、高血圧・糖尿病がある人に起こる確率が高いといわれています。

緑内障の検査は、眼圧測定のほかに、視神経の障害の程度を調べる必要があるので眼底検査が行われます。この検査によって視神経乳頭(視神経が集まって束になっている部位)に異常が発見できた場合には、さらに視野検査もおこないます。

緑内障の治療は病気の進行をくい止めるため、眼圧を低くコントロールすることが最も有効とされています。治療法としては薬物療法、レーザー治療や手術が一般的です。
レーザー治療や手術を受け、眼圧が下降しても、その効果が維持されるとは限らず、再度手術を行う場合もあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。