スギ花粉症緩和米を医薬品として開発:農業生物資源研究所

農業生物資源研究所(茨城県つくば市)は22日、遺伝子組み換え技術によるスギ花粉症緩和米を医薬品として開発する計画を発表した。
この米はアレルギーの原因となるスギ花粉のアミノ酸配列を作る遺伝子を導入しており、数週間食べると、花粉への反応が下がることがマウスの実験で確認されている。

計画では、7月に田植えをして10月下旬に30−40キロを収穫。これをマウスなどに食べさせる動物実験で安全性を確かめる。安全性が確認されれば来年以降、人への効果や安全性も明らかにしていくという。

商品化には少なくとも6、7年かかる見込みで、同研究所は製薬会社にも協力を呼び掛ける。
同研究所は当初、食品としての開発を目指し、2005年から2年間、栽培して動物実験で安全性を確認した。だが厚生労働省が今年1月「食品でなく医薬品として扱うべきだ」と判断したため、医薬品としての開発に方針変更した。(四国新聞)

花粉症緩和米とは?
スギ花粉症を引き起こすたんぱく質(アレルギー物質)の一部の遺伝子を米に組みこんでいます。
アレルギー物質を繰り返し注射することなどで症状を緩和する「減感作療法」と同じような仕組みで花粉症の治療効果が期待されています。注射の代わりに米を食べればよく、負担が軽くなるとされています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。