卵子提供を受けた妊婦の8割が合併症で入院

閉経後に米国で卵子提供を受けた50歳前後の妊婦の約8割が、切迫早産などの重い合併症で入院が必要になったことが、東京日立病院(文京区)の合阪幸三・産婦人科医長の調査でわかった。

国内では、匿名の第三者からの卵子提供を認めようという声も強く、今後、提供卵子による高齢妊娠が増えそうで、合阪医長は「特に、超高齢出産の場合は、スタッフのそろった周産期医療センターなどでのケアが必要」と強調している。10日、都内で開かれた日本周産期・新生児医学会で報告した。

調査対象は、合阪医長が過去5年間に担当した31人。平均年齢は50歳で、最高齢は56歳、最年少は46歳だった。米国で卵子提供を受けて、妊娠後、国内で出産を希望して来院した。多胎妊娠は4人で、すべて双子だった。

多胎妊娠に比べリスクの低い27人の合併症の発生は、妊娠高血圧が9人(33・3%)と最も多く、卵子提供のない通常の出産よりも約6倍頻度が高かった。妊娠糖尿病も8人(29・6%)で約2・5倍、切迫早産も12人(44・4%)で約3倍だった。
これらの合併症の治療のため、27人のうち22人が入院した。双子を妊娠した4人は全員、切迫早産のために入院した。また、母乳の分泌は、1か月検診時では、31人中17人が良好だったが、3か月検診時には3人に激減した。

匿名の第三者からの卵子提供を巡っては、厚生労働省の生殖補助医療部会が容認した。しかし、法制化には至らず、日本学術会議で是非を検討している。(YOMIURI ONLINE)

切迫流産について
通常の月経より少ない出血や下腹部の張り、痛みがあります。流産の危険性が高い状態ですが、子宮頚管はまだ閉じています。胎児が元気なら、妊娠を継続できる可能性が残っています。

治療法の基本として絶対安静が求められます。原因がすぐにはわからないので、安静にして胎児の生存を心拍で確認するなど、経過を観察します。
超音波検査で子宮内に胎芽と胎嚢が認められ、黄体ホルモンの不足が原因と考えられる場合は、絨毛性ゴナドトロピンの注射で治療し、体内の黄体を刺激して分泌を促したり、天然の黄体ホルモンを補充します。
妊娠中期(16週〜)以降で、規則的な子宮収縮が起きている場合は、収縮を抑える薬で治療します。

なお、切迫流産を乗り越えて無事に分娩に至った場合は、生まれてくる赤ちゃんに影響はありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。