冠動脈CTで女性と若者にがんリスク:米心臓専門医

米国の医師らが17日、心疾患の診断に用いられる心臓のレントゲンについて、ある特別な種類のものには女性や若者に対してがんを引き起こす可能性があり、注意して使用するべきと発表した。
米国医師会の学会誌で発表された研究によると、問題となっているのはCT(コンピュータ断層撮影)冠動脈造影法と呼ばれる技術。体内に侵入することなく心臓の内部とその動脈を見ることができる。

しかし同技術は、影響を受けやすい人々に対してがんを引き起こすのに十分な量の放射線を浴びせることになると指摘。特に、女性と若い男性にとって危険性があるという。

この研究を指揮したコロンビア大学病院の心臓専門医、アンドリュー・アインシュタイン博士は電話インタビューに応じ、同じ量の放射線を浴びても女性の発がんリスクの方が男性よりも高い傾向にあると説明。男女間の第2の違いとして乳がんの危険性を挙げ、「心臓は乳房のすぐ後ろにあるため、(CT冠動脈造影により)結局乳房まで被ばくしてしまう」と述べた。

同チームは、このレントゲン技術によりがんを患う可能性は、80歳の男性が3261分の1なのに対し、20歳の女性は143分の1としている。(ロイター)

CTについて
CTはコンピュータ断層造影(コンピュータ・トモグラフィー)の略称です。横たえた身体を、円筒状のエックス線発射装置の中でスライドさせながら、360度方向から一定の間隔で撮影し、コンピュータ処理して、体内の多数の断層画像や立体画像を得る検査です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。