脳脊髄液減少症の患者:専門医の受診まで平均2年半

交通事故などの衝撃で脳を保護する脳脊髄液が漏れ、激しい頭痛や目まいを引き起こす「脳脊髄液減少症」について、患者が専門医に受診するまで平均2年半かかっていることが、同症の患者らで作るNPO「サン・クラブ」のアンケートで分かった。
病気の認知度が低いことが原因とみられ、栂(とが)紀久代理事長は「病気の情報がなく、治療に健康保険が適用されないなど、患者が『医療難民』になっている実態を知ってほしい」と話している。

同クラブが会員200人を対象に郵送でアンケートを実施。6月末までに118人から回答があった。調査結果によると、専門医への受診までにかかった期間については、1年以上だった人が38人と最多で平均2年半。専門医に関する情報についても、「自分で探した」との回答が最も多い27人で、2番目の「患者団体(サン・クラブ)から」の25人と合わせて全体の44%を占めた一方、「医師の紹介」は20人(17%)にとどまった。
医師の間でもまだ広く認知されていないため、患者が専門医にたどり着くのに時間がかかる現状が浮き彫りになった。

また原因は交通事故が73人と62%を占めたが、転倒も13人(11%)、出産やスポーツもそれぞれ5人(各4%)と、軽微な衝撃でも発症したケースがあった。

脳脊髄液減少症は最近になって仕組みが分かってきた疾病で、日本脳神経外科学会も昨年10月、総会で初めて討議対象に取り上げた。医療機関でも認知され始めているものの、見逃されるケースも多いという。

調査結果について栂理事長は「本来は早期治療が必要な病気なのに、病名が分からないため治療が遅れ、効果的な治療法も、保険が認められず苦しんでいる患者が多いことを知ってほしい」と話している。(SANKEI WEB)

脳脊髄液減少症について
交通事故やスポーツなどによる衝撃で脳をおおう硬膜に穴があくと、脳と脊髄の周囲を循環している脳脊髄液が漏れて脳の位置が下がり、頭痛やめまい、倦怠感、吐き気、思考力・集中力の低下、睡眠障害などの症状が現れます。
立位や座位で症状が悪化し、横になると軽快することがあると言われていますが、全ての人に当てはまるわけではなく、症状が長期化すると体位による変動は少なくなるようです。

患者本人の血液を注射し、血液凝固で髄液が漏れた場所をふさぐ「ブラッドパッチ療法」が有効とされています。現在のところ厚生労働省は保険適用を認めていませんが、交通事故などの被害者らによって、むち打ちや転倒時の衝撃でも髄液が漏出することがあると主張され始めています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。