アトピー性皮膚炎の子供が韓国で急増:化学物質との関連か

韓国では、幼稚園児と小学生でアトピー性皮膚炎にかかっているこどもが約3割にものぼることがわかった。教育人的資源省の調査によると、患者は10年間でほぼ2倍に増えた。新しい家や都市に住む園児・児童の割合が高く、化学物質との関連が指摘されている。

同省が延世大学の研究室に委託。06年8月から1年間かけ、全国の幼稚園と小学校535カ所を調べた。アトピー性皮膚炎は全体の29.5%。95年調査の16.3%から、2倍近くに増えた。特に幼稚園では、43.2%と半数近い数字だ。
公団に住む児童幼児が33%と全体の平均より高く、農村地域は21.5%で一番低かった。新しい家に住んだ経験のある園児・児童の33.8%がかかっていた。

一部の学校施設で、ホルムアルデヒドなど化学物質の濃度を調べたところ、基準値をほとんど下回り、「学校の室内環境は憂慮する水準ではない」と結論づけている。

ただ、「大都市などの環境や、化学物質が露出した新居などとの関連はある」と説明。子どもの生活パターンを把握し、積極的に管理することの必要性を訴えた。同省は今年中に調査結果を政策に反映させる。

日本の場合、文部科学省が04年に全国の公立小中高に通うこどもを対象に実施した調査で、5.5%がアトピー性皮膚炎にかかっていた。(asashi.com)

アトピー性皮膚炎とは
アトピー性皮膚炎とは、花粉やほこり、ダニ、特定の食物の成分などに過敏に反応し、湿疹にもみえる皮膚炎が起こる病気です。
年代によって症状の現れ方は違いますが、思春期以降は、首の周りが黒ずみ、皮膚が厚ぼったくカサカサした状態になり、強いかゆみを訴えます。顔面に紅斑が生じるケースもあり、角質が剥がれ落ちてしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎は、アトピー体質という得意な体質の人に起きるもので、遺伝性が強いと考えられています。とくに成人になってから発症するケースが増加する傾向にあります。
最近の住環境は、ダニが繁殖しやすく、それらがアレルギー症状の原因物質(アレルゲン)になっていると考えられています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。