非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の患者が増加中

肝炎や肝硬変はお酒をたくさん飲む人の病気と考えられていた。しかし、最近はお酒をあまり飲まない人の脂肪肝も増え、メタボリックシンドロームとの関係が注目されている。東京で開かれた日本肝臓学会では、生活習慣病と肝疾患のシンポジウムが開催された。

鹿児島厚生連病院の今村也寸志総合内科部長は同病院健康管理センターの人間ドック受診者(三十〜七十四歳)のデータを報告した。
男性の脂肪肝は一九九五年の22%から2000年33%、2005年38%と増加。女性は13%から2000年に21%に増え、2005年は横ばいで、男女ともここ十年でほぼ倍増している。

脂肪肝がある人には肥満が多い。ところが、男性の体格指数(BMI)を2000年と2005年で比較すると、肥満の割合には差はなく、体脂肪率が増加していた。
今村部長は「最近の脂肪肝の増加は肥満だけでなく、不規則な食生活と運動不足による内臓脂肪の増加、筋肉量の減少も関与しているとみられる」と分析した。

脂肪肝の中でも、お酒を飲まない、あるいはあまり飲まない人の脂肪肝が「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)」だ。西原利治高知大准教授は「国内の成人の8%がNAFLDと推定される」と指摘した。

NAFLDは、一日の飲酒量がアルコール換算で二十グラム(日本酒一合、ビール中瓶一本程度)以下と少なく、B型やC型肝炎ウイルスの感染もないのに、肝臓に中性脂肪が過剰にたまった脂肪肝の状態。

脂肪肝について
肝臓の30%以上の肝細胞に中性脂肪がたまった状態です。日本人では肥満、アルコール、糖尿病が脂肪肝の3大原因です。そのほか副腎皮質ホルモンなどによる、薬剤性、クッシング症候群、栄養不足などによっても起こります。

自覚症状がほとんどないため、定期健診などで偶然発見されることが多いようです。診断には血液検査だけでは不十分なので、もっとも有効な腹部の超音波検査を併せて行います。

脂肪肝の治療の基本は、禁酒・食事療法。適度な運動です。食事は摂取エネルギーを制限し、タンパク質やビタミンB・Cを十分にとるようにします。肥満が原因の人は、それと合わせて運動習慣を身につけ、エネルギー消費と筋力強化に努めます。糖尿病の人は治療を受け、血糖値をコントロールします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。