卵子を試験管で培養する体外受精治療法を開発

体内から採取しておいた卵巣組織サンプルをもとに、卵子を試験管で培養するという体外受精治療のまったく新しい方法を英国の不妊治療クリニックが開発した。
5年後には実用化の見通しで、女性が卵巣組織をクリニックに保存しておいて、妊娠時期を選択することができるようになる。場合によっては生命の危険もある卵巣過剰刺激症候群など、従来の体外受精治療に伴うリスクを排除することもできるという。

手術の方法は、体に小さな穴を開けて数千個の未成熟な卵子を含む卵巣組織の裂片を採取し、それを冷凍保存する。その後ホルモン系化学物質を用いて未成熟な卵子を成熟化させ、体外受精に適したものにするというもの。

「女性の体にほとんどリスクを与えずに無数の卵子のプールを採取できる上、投与する薬などの点で比較的低コストで実現する」と、この方法を開発したアラン・ソーンヒル氏。

「これまでの体外受精のように最高で10個ぐらいの卵子をもとに体外受精を行う代わりに、無数の卵子を卵巣過剰刺激症のリスクを冒すことなく採取できる。これまで必要だった手続きを省くことで女性には大きな利益となるはず」としている。(AFPBB)

卵巣過剰刺激症候群とは?
排卵誘発剤の注射などによって、多数の卵胞がいっしょに大きくなるために起こる副作用のことです。卵巣過剰刺激症候群の主症状は卵巣の腫れ、嘔吐、下痢などがあげられます。
重症の場合は血栓症などを引き起こすので注意が必要です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。