自分はメタボリックシンドローム:成人の30%が自覚

成人の31%は「自分はメタボリックシンドロームだ」と思っており、50代男性では半数以上の57%が自覚。男女1200百人の調査で、メタボリックシンドロームへの関心の高さが明らかになった。

医薬品・医療機器会社のジョンソン・エンド・ジョンソンが、全国の20〜70代の男女各年代200人を対象に、がん、脳卒中、心筋梗塞の三大疾患とメタボリック症候群に関する意識調査を7月にインターネットで行った。

自分はメタボリックシンドロームと思っているのは男性38%、女性24%。五十代男性だけでなく、30代、40代男性も40%台と高い。実際に自分の胴回りを測ってみたのは男性29%、女性21%で、全体では4人に1人の25%だった。

メタボリック症候群は、胴回りが男性85センチ以上、女性90センチ以上の内臓脂肪型肥満で、血圧や血糖値が高めの状態。厚生労働省の2005年の調査では、40〜74歳で男性の26%、女性10%がメタボリック症候群が強く疑われる、という結果だった。

一方、三大疾患で一番関心があるのは、がんで66%。心筋梗塞19%、脳卒中15%の順だった。メタボリックシンドロームは心筋梗塞、脳卒中を起こしやすい。(くまにち)

メタボリック・シンドロームとは?
生活習慣病のなかの、内臓脂肪蓄積型肥満、脂質代謝異常、高血圧、糖代謝異常の4つは、とくに「メタボリックシンドローム」と呼ばれ、これらの要素が複数合併すると、それぞれが軽症でも動脈硬化が加速され、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まってきます。

メタボリックシンドロームの診断基準は、ウエスト周囲径が男性85cm以上/女性90cm以上で、かつ下記のA・B・Cのうちの2項目を満たすときです。

  • A.脂質異常…中性脂肪150mg/dl以上あるいはHDLコレステロール40mg/dl未満
  • B.血圧異常…最高血圧130mmHg以上あるいは最低血圧85mmHg以上
  • C.糖代謝異常…空腹時血糖110mg/dl以上
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。