葉酸がうつ症状を抑制か:食習慣の調査結果

野菜や果物などに含まれる葉酸の摂取量が少ないほど、うつ症状の人が多い傾向にあることを、村上健太郎東京大医学部助教と溝上哲也国立国際医療センター研究所部長らが調査で見つけた。
日常の食事が精神的な健康にかかわっていることを示す研究。関連は欧米では報告されていたが、日本人のデータは初めてという。国際栄養学雑誌に近く発表する。

研究グループは昨年、福岡県の20代から60代の517人(男性309人、女性208人)に、過去1カ月間に食べたものを詳しく聞き、各栄養成分の摂取量を算出した。同時に別の質問でうつ症状があるかどうかを調べ、摂取した各栄養素との関連を探った。

その結果、葉酸の摂取が少ない人ほどうつ症状の割合が高かった。摂取が多い人では、少ない人よりうつ症状が半減していた。この傾向は女性でもうかがえたが、男性でよりはっきりしていた。

年齢や肥満、喫煙、飲酒、結婚しているかどうか、ストレスなどの影響を除いて解析した結果で、葉酸そのものがうつ症状を減らしている可能性が高いという。

うつ病の治療について
休養と薬物療法が基本です。心の活力が枯渇した状態ですから、ゆっくりと休んで回復させることが先決です。薬物療法としては、シナプス間隙のセロトニンやノルアドレナリンの機能を正常にする作用のある抗うつ薬が用いられます。

最近では、抗うつ効果が高く、副作用が少ないといわれるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)が、主流になってきています。

うつ病は再発しやすいので、症状が改善しても服薬を中断せずに、医師の指示通りに、服用を続ける必要があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。