携帯電話の長時間使用で耳下腺腫瘍のリスクが増加:イスラエル

携帯電話を頻繁に使用すると、腫瘍のリスクが高まる。イスラエルの研究グループによるこうした研究結果が、7日発行の米専門誌「Epidemiology」に発表された。

イスラエルのChaim Sheba医療センターのSiegal Sadetzki博士(がん、放射線療法専門)率いる研究チームは、世界保健機関(World Health Organisation、WHO)のプロジェクトの一環として、2001年から03年にかけて、同国内で耳下腺腫瘍と診断された18歳以上の患者460人(良性402人、悪性58人)を対象に、携帯電話の使用に関する調査を実施した。

調査によると、1か月あたり携帯電話を22時間以上使用した人は、耳下腺腫瘍リスクが約50%も高かった。また、携帯電話を同じ耳に当てて使用した人やハンズフリーを利用しなかった人、都市部以外の利用者のリスクが高かった。

同研究は分析結果として「携帯電話を定期的に使用する人、都市部以外で頻繁に使用する人に限っては、特に耳下腺腫瘍のリスクが高くなっている」としている。(AFP)

耳下腺腫瘍について
耳下腺は唾液を作っている大唾液腺の一つで、耳の前方から下方にかけて皮膚のすぐ下にあり、平らな形で左右一対あります。ここにできた腫瘍が耳下腺腫瘍です。
良性の場合が多いのですが、時に悪性のこともあるので、CTや細胞の検査を行います。良性であっても長期間放置すると悪性に変化することがあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。