交通事故の重傷者3割が精神疾患:厚生労働省研究班

交通事故で重傷を負い、救命救急センターに搬送された患者の3割が、約1カ月後にうつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの精神疾患を発症していたことが、厚生労働省研究班(主任研究者、金吉晴国立精神・神経センター部長)の調査で19日、分かった。

こうしたケースで精神科医が患者に直接会い、さまざまな心の病気の有無を調べた調査は初めて。救急医療の進歩で重傷者らの救命率は向上しているが、精神的ケアも極めて重要であることを示すデータだ。米集中治療医学会誌に近く掲載される。

調査は国立病院機構災害医療センター(東京都)の救命救急センターで2004年5月から実施。搬送の24時間後から患者に精神科医らが面接し、18歳から69歳までの100人の状態を追跡した。頭部にダメージのある人や、以前から精神疾患のある人らは対象から除いた。(shikoku.news)

PTSDとは?
「心的外傷後ストレス障害」の略語で、戦争、災害、事故など、過酷な体験後に現れる、さまざまな精神的・身体的症状をいいます。人はつらい出来事があって精神的ダメージを受けても、時間の経過によって徐々に回復していきます。

しかし、PTSDの場合は、不眠、悪夢、健忘、不安などが長期間続きます。また、ふとしたきっかけで、そのときの状況が生々しくよみがえる「フラッシュバック」が起こり、体験の記憶がなかなか消えません。PTSDの回復には、体験を言葉にしたり、絵を描いて表現する治療法が効果をあげています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。