新しい乳がん診断法、被ばく放射線量が1000分の1に:東京理科大

乳がん検診で使われるマンモグラフィーと比べ、被ばく放射線量を1000分の1に抑えた画像診断方法を東京理科大などが開発した。放射線の屈折を利用した方法で、複数の画像を重ね合わせ鮮明な画像にした。これまでは判別できなかった微小な乳がん病巣もわかるという。

マンモグラフィーやコンピューター断層撮影(CT)などのX線撮影は、人体の部位によって放射線の吸収率が違うことを利用。その違いを明暗のコントラストで画像化する。
しかし、コントラストを上げると、被ばく線量が増えてしまう欠点がある。米国では、将来発病するがんの約2%がCT検査による被ばくが原因との調査もある。

同大の安藤正海教授(X線光学)らは、高エネルギー加速器研究機構の一周187メートル加速器から出る精度の高いX線を利用。平行性の高いX線が組織などの境目で微妙に屈折する性質を応用し、人体を左右に1度ずつ傾けて撮影した。計11方向からの画像を重ねることで鮮明な画像を得た。20マイクロメートル程度の大きさまで判別できるという。

精度が高まるため、マンモグラフィーでは乳腺で1〜3ミリグレイあった被ばく線量を、0.001ミリグレイ程度まで減らせるという。また、従来のX線では難しかった関節の軟骨も撮影できる。
しかし、加速器を使わねばならず装置が非常に高額になるため、実用化には5年以上かかる見込みという。(毎日.jp)

乳がんについて
乳がんとは乳腺に発生する悪性腫瘍です。
最もかかりやすいのは40〜50歳代の女性で、次いで60歳代、30歳代の順となっています。
詳しい原因は不明ですが、食生活の欧米化、動物性脂肪の取りすぎ、初産年齢の上昇、母乳授乳の減少、独身女性の増加などが関係していると考えられています。
近年、日本でも増加の一途をたどっており、女性のがんの第一位となるものと予想されています。

乳がんの症状と経過
乳房の外側上方にできやすく、初期にはしこりやひきつれができて痛みはありません。
また、乳頭から血液のような、あるいはサラッとした感じの液の分泌が見られる場合もあります。
進行すると、病変部に潰瘍ができ、脇の下や頚部のリンパ節が腫れてきます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。