骨髄再生で歯槽骨を再生、インプラントも可能に

重い歯周病でひどくやせたあごの骨に骨髄の細胞を入れ、骨を再生させる治療が成果をあげている。東京大医科学研究所の各務秀明客員准教授らの臨床試験で、10人中8人でインプラントを入れられる状態まで骨が厚くなった。有力な治療法の一つになりそうだ。20日開かれた歯科インプラント治療のシンポジウムで成果が報告された。

重い歯周病では歯が抜けるだけでなく、歯を支えていたあごの骨もやせ細っていくことが多い。骨の厚さが5ミリ以下になると、義歯が入れられなくなる。義歯を入れるには、これまでは腰や、あごの別の部分の骨を移植するか、人工骨を使う治療しかなかった。

チームは東京医科歯科大などと協力、2年半前から臨床試験を始め、10人の患者から骨髄を採って培養した。このうち8人に、骨が欠けたときの治療などで使う補填材と一緒に、薄くなったあごの骨に盛った。半年後に8人とも義歯を埋め込めるまで再生。1年経過した5人ではもとの骨との境目が見えなくなるほどに回復した。(asahi.com)

インプラントとは?
歯を失った部分のあごの骨(歯槽骨)の中に、人工的な歯根を埋め込み、その上に人口歯を取り付ける方法です。人工歯根とも呼ばれ、できるだけ天然の歯に近い構造と機能、見た目の美しさ(審美)を追求した治療方法です。

しかし、あごの骨に歯根を植え込む手術が必要なため、骨が健康であること、糖尿病などの病気がないことなどのいくつかの条件があります。また、半年に一度はチェックが必要ですから、歯の健康管理がきちんとできる人でなくてはなりません。また健康保険も適用されません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。